2006年09月07日

ピタラス・ロープウェイ‥(坪庭)

A-Resized ピタラス・ロープウェイ(坪庭).jpg A-Resized ピタラス・ロープウェイ(坪庭) (1).jpg A-Resized ピタラス・ロープウェイ(坪庭) (2).jpg A-Resized ピタラス・ロープウェイ(坪庭) (3).jpg A-Resized ピタラス・ロープウェイ(坪庭) (4).jpg A-Resized ピタラス・ロープウェイ(坪庭) (5).jpg A-Resized ピタラス・ロープウェイ(坪庭) (6).jpg A-Resized ピタラス・ロープウェイ(坪庭) (7).jpg A-Resized ピタラス・ロープウェイ(坪庭) (8).jpg A-Resized ピタラス・ロープウェイ(坪庭) (9).jpg A-Resized ピタラス・ロープウェイ(坪庭) (10).jpg A-Resized ピタラス・ロープウェイ(坪庭) (11).jpg A-Resized ピタラス・ロープウェイ(坪庭) (12).jpg A-Resized ピタラス・ロープウェイ(坪庭) (13).jpg A-Resized ピタラス・ロープウェイ(坪庭) (14).jpg A-Resized ピタラス・ロープウェイ(坪庭) (15).jpg A-Resized ピタラス・ロープウェイ(坪庭) (16).jpg A-Resized ピタラス・ロープウェイ(坪庭) (17).jpg

 蓼科高原ピタラスの丘から一度に100人も乗れる大型バスのようなゴンドラで僅か9分、標高2,233メートルの坪庭山頂駅に着いた。 駅舎の大きな寒暖計の気温は13度で肌寒い。 外に出ると雲の中に入り込んでいるようなもの、ガスで見通しはきかない。 ここは一帯が溶岩で覆われているが、きちんと整備された周遊路があり、お天気さえよければ誰でも楽しめる自然の大庭園である。 園路の足元を見れば、厳しい環境のなか、初秋の高山植物がけなげに咲いていた。 
 途中には監視員も見張っていて、ロープで張られた園路さえはずれなければ、天候が悪くても遭難の心配はない。


          蓼科高原
 
 ★写真をクリックすると、別画面で拡大します。
posted by 武ちゃん at 21:28| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする