2006年09月08日

坪庭から縞枯山荘へ‥

B-Resized 坪庭と縞枯山荘‥.jpg B-Resized 坪庭と縞枯山荘‥ (1).jpg B-Resized 坪庭と縞枯山荘‥ (4).jpg B-Resized 坪庭と縞枯山荘‥ (3).jpg B-Resized 坪庭と縞枯山荘‥ (2).jpg B-Resized 坪庭と縞枯山荘‥ (5).jpg B-Resized 坪庭と縞枯山荘‥ (6).jpg B-Resized 坪庭と縞枯山荘‥ (7).jpg B-Resized 坪庭と縞枯山荘‥ (8).jpg B-Resized 坪庭と縞枯山荘‥ (9).jpg B-Resized 坪庭と縞枯山荘‥ (10).jpg B-Resized 坪庭と縞枯山荘‥ (11).jpg B-Resized 坪庭と縞枯山荘‥ (12).jpg B-Resized 坪庭と縞枯山荘‥ (13).jpg B-Resized 坪庭と縞枯山荘‥ (14).jpg B-Resized 坪庭と縞枯山荘‥ (15).jpg B-Resized 坪庭と縞枯山荘‥ (16).jpg

 周遊路の途中から北横岳への登山道が分岐している。 天候さえよければ予定のコースだったが景色が見えないので取り止める。(昔、北横岳から大岳、深い森に点在する池巡りをしたが、展望のよさと苔むす静寂な森林の中のハイキングは忘れられない) 溶岩とハイマツに覆われた一方通行の園路を更に進むと、縞枯(しまがれ)山荘と雨池へのルートがあり、平坦な木道の上をそちらに向かった。 森を抜けると草原が広がり、遠くに青い三角屋根の山荘が見えてきた。 山小屋の脇の草地に風力発電が一基設置されていて、風にまかせてプロペラが廻っている。 自家発電により必要最小限の電気はまかなっているようだ。 これも時代の流れか! 小屋に入って一休みする。 天水コーヒー(雨水を利用?)とやらで一服‥。 大草原のなかの小さな家といった風情かもしれない。 
 四方にハイキング・コースがあり、又の機会にしようと思いつつ来た道を戻り、ピタラス・ロープウェイで下山した。
posted by 武ちゃん at 22:16| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする