2008年03月25日

雪割草‥(2)

E-Resized ユキワリソウ ‥.jpg E-Resized ユキワリソウ ‥ (1).jpg E-Resized ユキワリソウ ‥ (2).jpg E-Resized ユキワリソウ ‥ (3).jpg E-Resized ユキワリソウ ‥ (4).jpg E-Resized ユキワリソウ ‥ (5).jpg E-Resized ユキワリソウ ‥ (6).jpg E-Resized ユキワリソウ ‥ (7).jpg E-Resized ユキワリソウ ‥ (8).jpg E-Resized ユキワリソウ ‥ (9).jpg E-Resized ユキワリソウ ‥ (10).jpg E-Resized ユキワリソウ ‥ (11).jpg E-Resized ユキワリソウ ‥ (12).jpg E-Resized ユキワリソウ ‥ (13).jpg E-Resized ユキワリソウ ‥ (14).jpg

 雪割草、もう少しありましたのでつづきです、この日は普段なかなか見ることができない多彩な花々をゆっくり鑑賞することができました。 当日、格安で鉢植の即売もありましたが、展示会場の緑化植物センターに着いたときは、限定品のためすでに売り切れでした。 
雪割草はキンポウゲ科ミスミソウ属の園芸名、北半球に9種類の分布が知られています。 日本にはその中の一種類から分かれたミスミソウ、スハマソウ、オオスミソウ、ケスハマソウが自生しています。 これらの雪割草のなかで最も注目されるオオスミソウは雪割草の中でも最も変異の幅が広く、様々な色と形が楽しめる。 また固体もさることながら色とりどりの群生も言い尽くせません。 早春、木立のなかで愛らしい花々が咲き乱れ、調和しあう美しさは、出会った人々に素晴らしい思い出を与えてくれるでしょう。 地面から湧き上がる生まれたての春をさがしに出かけませんか?‥。

 山々の雪も融けだし、遅い春が訪れる越後に咲く春の妖精、雪割草をうまく言い得ています。 国営越後丘陵公園から現在、ここ武蔵丘陵森林公園に移動になりました担当の方より、展示会当日に戴いた地元発行のパンフレットからでした‥。  (^_^)v    
posted by 武ちゃん at 22:20| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 山野草‥ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする