2008年05月12日

東松山ぼたん園‥(4)

D-Resized (東松山ぼたん園‥).jpg D-Resized (東松山ぼたん園‥) (1).jpg D-Resized (東松山ぼたん園‥) (2).jpg D-Resized (東松山ぼたん園‥) (3).jpg D-Resized (東松山ぼたん園‥) (4).jpg D-Resized (東松山ぼたん園‥) (5).jpg D-Resized (東松山ぼたん園‥) (6).jpg D-Resized (東松山ぼたん園‥) (7).jpg D-Resized (東松山ぼたん園‥) (8).jpg D-Resized (東松山ぼたん園‥) (9).jpg D-Resized (東松山ぼたん園‥) (10).jpg D-Resized (東松山ぼたん園‥) (11).jpg D-Resized (東松山ぼたん園‥) (12).jpg D-Resized (東松山ぼたん園‥) (13).jpg D-Resized (東松山ぼたん園‥) (14).jpg

 牡丹の花、連続4回にもなりましたが、今回でおしまいです。 東松山市の花でもある牡丹ですが、大正13年の頃より箭弓稲荷神社(東武東上線の東松山駅下車すぐ)にボタン園が開設され、以来昭和49年の市制施行20周年を記念して「市の花」として育ててきた経緯があるそうです。 
 ここの東松山ぼたん園は平成2年に開園しましたから、まだ比較的新しい施設です。 牡丹の花にはそれぞれ名札があります、その種類の多彩さには驚くばかり‥。 丘陵地を利用した園内は順路が整備され、疲れたら休息所やベンチもあるのでノンビリ過ごせます。 
 牡丹は終わりましたが、シャクヤクが見頃かと思います。 来月にはアジサイ、時期は異なりますが、水仙や蝋梅、十月桜も植栽されています。
  るんるん
posted by 武ちゃん at 21:22| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 牡丹‥ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

東松山ぼたん園‥(3)

C-Resized 東松山ぼたん園‥.jpg C-Resized 東松山ぼたん園‥ (1).jpg C-Resized 東松山ぼたん園‥ (2).jpg C-Resized 東松山ぼたん園‥ (3).jpg C-Resized 東松山ぼたん園‥ (4).jpg C-Resized 東松山ぼたん園‥ (5).jpg C-Resized 東松山ぼたん園‥ (6).jpg C-Resized 東松山ぼたん園‥ (7).jpg C-Resized 東松山ぼたん園‥ (8).jpg C-Resized 東松山ぼたん園‥ (9).jpg C-Resized 東松山ぼたん園‥ (10).jpg C-Resized 東松山ぼたん園‥ (11).jpg C-Resized 東松山ぼたん園‥ (12).jpg C-Resized 東松山ぼたん園‥ (13).jpg C-Resized 東松山ぼたん園‥ (14).jpg

 前回に引き続いて東松山ぼたん園です。 お隣の中国では百花の王と呼ばれ、二千年も前から薬用として栽培されていたという、日本には八世紀前半に渡来したといわれ、鎌倉時代には品種改良も進められ、江戸時代には五百種もの品種があったそうです。 
 以後、独自の発達を遂げて、中国の牡丹とは趣の異なる現在の品種郡ができあがったといわれます。 
 現在は島根(大根島)や新潟で大量の苗木の生産が行われ、鑑賞用として欧米にも輸出されているそうです。
 我が家でも以前、牡丹の鉢植(小田急の花鳥山脈に行ったときに購入)を育てたことがあり、数年の間は春になると大きな花を咲かせ、楽しむことができました。 でも土の管理が適切でなかったため、ある年に枯らしてしまいました。 蕾が開きはじめると、大輪の花の見頃は僅か二・三日のはかなさ、見かけによらずデリケートな花だと思います。
posted by 武ちゃん at 21:28| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 牡丹‥ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

東松山ぼたん園‥(続き)

G-Resized (東松山ぼたん園‥).jpg G-Resized (東松山ぼたん園‥) (1).jpg G-Resized (東松山ぼたん園‥) (2).jpg G-Resized (東松山ぼたん園‥) (3).jpg G-Resized (東松山ぼたん園‥) (4).jpg G-Resized (東松山ぼたん園‥) (5).jpg G-Resized (東松山ぼたん園‥) (6).jpg G-Resized (東松山ぼたん園‥) (7).jpg G-Resized (東松山ぼたん園‥) (8).jpg G-Resized (東松山ぼたん園‥) (9).jpg G-Resized (東松山ぼたん園‥) (10).jpg G-Resized (東松山ぼたん園‥) (11).jpg G-Resized (東松山ぼたん園‥) (12).jpg G-Resized (東松山ぼたん園‥) (13).jpg G-Resized (東松山ぼたん園‥) (14).jpg

 東松山ぼたん園の続きです。 埼玉県東松山市大字大谷に所在し、面積は約3ヘクタールあります。 地形は丘陵地で変化に富んでいます、近くには国営武蔵丘陵森林公園もあり、市街地からも離れた静かなところです。 多くの牡丹は最盛期を過ぎていましたが、遅咲きの黄色い牡丹(金晃・金閣)はたくさん見られました。
 当日は昼頃までお天気がぐずついたせいもあり、ゴールデン・ウィークにもかかわらず、順路に沿ってゆっくりと牡丹を鑑賞することができました。
 ★一週間前のときのものですが、現在はすでに見頃を過ぎています。
posted by 武ちゃん at 22:18| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 牡丹‥ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

東松山ぼたん園‥

A-Resized (東松山ぼたん園‥).jpg A-Resized (東松山ぼたん園‥) (1).jpg A-Resized (東松山ぼたん園‥) (2).jpg A-Resized (東松山ぼたん園‥) (3).jpg A-Resized (東松山ぼたん園‥) (4).jpg A-Resized (東松山ぼたん園‥) (5).jpg A-Resized (東松山ぼたん園‥) (6).jpg A-Resized (東松山ぼたん園‥) (7).jpg A-Resized (東松山ぼたん園‥) (8).jpg A-Resized (東松山ぼたん園‥) (9).jpg A-Resized (東松山ぼたん園‥) (10).jpg A-Resized (東松山ぼたん園‥) (11).jpg A-Resized (東松山ぼたん園‥) (12).jpg A-Resized (東松山ぼたん園‥) (13).jpg A-Resized (東松山ぼたん園‥) (14).jpg

 東松山ぼたん園はこのところ、G・Wの連休には毎年のように鑑賞しています。 市の花として大切に育てられていますが、平成2年に開園して以来、拡張が進み今では306種、5,800株にもなり、埼玉県では最も規模が大きくなりました。
 この日、朝から降りつづく雨が昼頃に止み、空も明るくなってきたので出かけました。 時間の経過とともに、とき折り雲間からお日様も射すようになり、牡丹もいっそう魅力が増してきたように思えました。
posted by 武ちゃん at 23:17| 埼玉 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 牡丹‥ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

蝶の里公園‥(嵐山町)

Resized 蝶の里‥(嵐山町).jpg Resized 蝶の里‥(嵐山町) (1).jpg Resized 蝶の里‥(嵐山町) (2).jpg Resized 蝶の里‥(嵐山町) (3).jpg Resized 蝶の里‥(嵐山町) (4).jpg Resized 蝶の里‥(嵐山町) (5).jpg Resized 蝶の里‥(嵐山町) (6).jpg Resized 蝶の里‥(嵐山町) (7).jpg Resized 蝶の里‥(嵐山町) (8).jpg Resized 蝶の里‥(嵐山町) (9).jpg Resized 蝶の里‥(嵐山町) (10).jpg Resized 蝶の里‥(嵐山町) (11).jpg Resized 蝶の里‥(嵐山町) (12).jpg

 嵐山町はこれでおしまいです。 嵐山町は比企丘陵のほぼ中央に位置します、蝶は町のシンボルだそうです。 蝶の里公園は面積3・5ヘクタール、微生物の発生を促すよう3,300平方メートルに木チップを敷き詰めてあるようです。 
 平成5年には蝶の里公園がオープン、同8年には隣接してホタルの里も出来ました。 公園内はいくつかのブロックがあり、それぞれミドリシジミの草地、ベニシジミの広場、キタテハの広場、ツマキチョウの広場、ヒカゲチョウの広場、アゲハチョウの花園などがあります。
 この日、数種類の蝶が園内を舞っていましたが、動きが早くて狙えませんでした、機会をみてまた訪れてみたいと思います。
  わーい(嬉しい顔)
posted by 武ちゃん at 22:08| 埼玉 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする