2008年05月05日

里の風景ほか‥

B-Resized 里山の風景.jpg B-Resized 里山の風景 (1).jpg B-Resized 里山の風景 (2).jpg B-Resized 里山の風景 (12).jpg B-Resized 里山の風景 (13).jpg B-Resized 里山の風景 (14).jpg B-Resized 里山の風景 (3).jpg B-Resized 里山の風景 (4).jpg B-Resized 里山の風景 (5).jpg B-Resized 里山の風景 (6).jpg B-Resized 里山の風景 (7).jpg B-Resized 里山の風景 (8).jpg B-Resized 里山の風景 (9).jpg B-Resized 里山の風景 (10).jpg B-Resized 里山の風景 (11).jpg

 菜の花の咲く風景、いまだによく見かけます。 でも季節は進んでおり、タンポポの綿帽子も群生するようになった。 後半の風景、すぐそばに交通量の激しい国道(R254)がありますが、そう思えない景観が周りに広がっていました。
 嵐山町では郷土の緑の保全と活用を図るため、里地里山づくり条例が昨年制定されたそうです。 この地域が乱開発されることなく、里山の自然を守るための活動です。 
 緑と清流の町、嵐山は、緑のトラスト地嵐山渓谷から、菅谷館跡に通じる都幾川、槻川の流れに沿って里山が続くところ、一部は町が無償で地権者から借り受け、ボランティアによって保全管理されているそうです。 まだ身近かに地域の人たちの努力により、豊かな自然が残されているということを改めて知りました。
  猫
posted by 武ちゃん at 23:26| 埼玉 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする