2008年08月31日

黒四ダム‥

Resized 黒四ダムにて‥.jpg Resized 黒四ダムにて‥ (1).jpg Resized 黒四ダムにて‥ (2).jpg Resized 黒四ダムにて‥ (3).jpg Resized 黒四ダムにて‥ (4).jpg Resized 黒四ダムにて‥ (5).jpg Resized 黒四ダムにて‥ (6).jpg Resized 黒四ダムにて‥ (7).jpg Resized 黒四ダムにて‥ (8).jpg Resized 黒四ダムにて‥ (9).jpg Resized 黒四ダムにて‥ (10).jpg Resized 黒四ダムにて‥ (11).jpg Resized 黒四ダムにて‥ (12).jpg Resized 黒四ダムにて‥ (15).jpg Resized 黒四ダムにて‥ (13).jpg Resized 黒四ダムにて‥ (14).jpg

 今回は黒四ダムなどです。 最初はダムサイトの放水、毎秒10〜15トンもの豪快なもの、ダムは高さ186メートル、アーチの長さ492メートルあります。 扇沢から赤沢岳(2,678m)を貫通した針ノ木トンネル(長さ6,100m)を関電トロリーバスに乗車、16分で黒部湖に到着します。
 ダムサイトは標高1,470メートル、総貯水量2億トンといわれ、満々と水を湛える黒部湖、見上げればいまなお残雪が見える立山 3,015メートル、針ノ木岳、赤沢岳など三千メートル級の北アルプスの山並みが迫っています。
 黒部ダム駅から地中階段を220段上がると、立山連峰やアルプスの大パノラマと眼下の放水が望める展望台はビュースポット、放水口の目の前、新展望台もあるそうです、時間の都合で見れませんでした。
 2・5・6枚目の奥の山塊は黒部別山 2,363メートル、4・8・9枚目は立山連峰、14枚目の黒部ダム北西(牛首山の方角)に見える遠方の山は?、おしまいの2枚は赤牛岳 2,864メートルのようです。
 

posted by 武ちゃん at 21:58| 埼玉 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

黒部渓谷トロッコ列車‥

                   走る汽車!.gif



Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (1).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (2).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (3).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (4).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (5).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (6).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (7).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (8).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (9).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (10).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (11).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (12).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (13).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (14).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (15).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (16).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (17).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (18).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (19).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (20).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (21).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ電車列車) (22).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (23).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (24).jpg

 黒部渓谷のトロッコ列車、宇奈月から終点の欅平までは約20キロメートル、平均時速16キロのゆっくりした走り、所要時間は1時間30分ほど。 今回は途中の鐘釣駅までの片道1時間を利用しました。
 この鉄道はもともとダム建設用の人員や資材を運搬するために敷設されたもの、軌道の幅は762ミリ、新幹線は1,435ミリだから約半分です。 ちなみに在来線は1,067ミリとか。 
 簡素なトロッコ列車で深い渓谷を走るのはスリリングでもある。 乗車した客車はオープンタイプ、ガラス張りの展望車もありますが、オプションの3車種はそれぞれ別に料金が加算されます。 
 天候に問題なければ、じかに自然を肌で感じられるオープンタイプの客車がお勧めです。 8・9枚目は一見、本物の機関車に見えますが、実物の何分の一かの模型。駅のそばにあって記念写真用に設えてあるものです。

 黒部渓谷は立山・剣岳・薬師岳などの立山連峰と白馬岳・五竜岳・鹿島槍ヶ岳などの後立山連峰との間、黒部川の浸食によって深く刻み込まれた長さ86km、標高差三千メートル近くの深く切り立ったV峡を形成する大峡谷です。 峡谷流域の平均傾斜は36度と勾配が強く、30〜45度の部分が全体の70%にも及ぶそうです。
 この黒部川の豊富な水量や急流が水力発電に適していることが注目され、やがて困難を乗り越え電源開発のための工事用資材の運搬用にトロッコ列車の愛称で親しまれる黒部軌道が欅平まで開通しました。 戦後、峡谷の自然を求めるニーズの高まりと、地元の強い要請もあり、営業の免許を受け、黒部峡谷鉄道として現在に至っています。
 
 当時は便乗のお客には「生命の保証をしません」と切符の裏に書いて了解のうえでの乗車だったそうです。 一見、遊園地の鉄道のように見えますが、自動列車停止装置(ATS)や列車無線装置を完備した安全な観光鉄道として多くの人に親しまれています。
 順に16・17・20枚目の客車は特別客車、21枚目は屋根までガラス張りのパノラマ客車です。 ‥写真にはないですが、リラックス客車もあります。
 沿線には後曳橋・出六峰・ねずみ返しの岸壁・サンナビキ山・錦秋関など見所も多く、特に秋の紅葉期は素晴らしいと思います。
  わーい(嬉しい顔)

posted by 武ちゃん at 21:38| 埼玉 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

栂池高原‥

             matsutake-01.gif            hike_illust  ハイキング.gif

Resized 栂池高原‥.jpg Resized 栂池高原‥ (1).jpg Resized 栂池高原‥ (2).jpg Resized 栂池高原‥ (3).jpg Resized 栂池高原‥ (4).jpg Resized 栂池高原‥ (5).jpg Resized 栂池高原‥ (6).jpg Resized 栂池高原‥ (7).jpg Resized 栂池高原‥ (8).jpg Resized 栂池高原‥ (9).jpg Resized 栂池高原‥ (10).jpg Resized 栂池高原‥ (11).jpg Resized 栂池高原‥ (12).jpg Resized 栂池高原‥ (13).jpg Resized 栂池高原‥ (14).jpg Resized 栂池高原‥ (15).jpg Resized 栂池高原‥ (16).jpg Resized 栂池高原‥ (17).jpg Resized 栂池高原‥ (18).jpg

 栂池高原は北アルプスの北部、白馬岳の東山麓に位置します。 周辺にはスキー場がたくさんあり、冬のシーズンはとくに賑わいそうです。 白馬乗鞍・白馬岩岳・八方尾根などはゲレンデが多く、山の斜面にはリフトが無数に見られます。
 栂池高原から西方に目を向ければ、鑓ヶ岳(2,903m)杓子岳(2,812m)白馬岳(2,932m)が望めます。 今回は都合で行くことができませんでしたが、ゴンドラリフトとロープウェーを乗り継ぎ、標高二千メートルほどに栂池自然園があります、ここでの湿性高山植物は魅力的です。 いつか機会があれば、でかけてみたいと思う。 
 
 写真の山は宿泊先の目の前、スキー場から望んだものです。 数えて4・6・9枚目は鑓ヶ岳、右の盛り上がった山は杓子岳、5・7・8枚目は小蓮華山(2,768m)10枚目は鹿島槍ヶ岳(2,889m)です。 
 早朝、ゲレンデにはコスモス、マツヨイグサ、アカツメクサ、ヨメナ、ヒメジオンなどが咲いていた。 おしまいの3枚は、(真ん中は白馬鑓ヶ岳かな?)走る観光バスの車窓から撮ったもの‥。

posted by 武ちゃん at 21:32| 埼玉 ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

夏の武蔵丘陵森林公園‥(終)

B-Resized 夏の武蔵丘陵森林公園.jpg B-Resized 夏の武蔵丘陵森林公園 (1).jpg B-Resized 夏の武蔵丘陵森林公園 (2).jpg B-Resized 夏の武蔵丘陵森林公園 (3).jpg B-Resized 夏の武蔵丘陵森林公園 (4).jpg B-Resized 夏の武蔵丘陵森林公園 (5).jpg B-Resized 夏の武蔵丘陵森林公園 (6).jpg B-Resized 夏の武蔵丘陵森林公園 (7).jpg B-Resized 夏の武蔵丘陵森林公園 (8).jpg B-Resized 夏の武蔵丘陵森林公園 (9).jpg B-Resized 夏の武蔵丘陵森林公園 (10).jpg B-Resized 夏の武蔵丘陵森林公園 (11).jpg B-Resized 夏の武蔵丘陵森林公園 (12).jpg B-Resized 夏の武蔵丘陵森林公園 (13).jpg B-Resized 夏の武蔵丘陵森林公園 (14).jpg B-Resized 夏の武蔵丘陵森林公園 (15).jpg

 武蔵丘陵森林公園が連続しましたが、今回でおしまいです。 ハーブ園で見かけた最初のは何だろう?、ヨウシュヤマゴボウ、ガマの穂、チョウトンボ、アオモンイトトンボかな?、水辺のセリ、全身真っ赤なショウジョウトンボ、キツネノマゴ、ブランコする人形とフロックス、トレニアの向こうのピンクのは何‥?、早くもカエデの色づきか‥、おしまいの何だっけ‥?、マツムシソウの仲間かな、これもハーブ園で見たもの確か名前があったのだが‥。   m(__)m

posted by 武ちゃん at 21:42| 埼玉 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

森林公園のいろいろ‥

G-Resized 森林公園にて‥.jpg G-Resized 森林公園にて‥ (1).jpg G-Resized 森林公園にて‥ (2).jpg G-Resized 森林公園にて‥ (3).jpg G-Resized 森林公園にて‥ (4).jpg G-Resized 森林公園にて‥ (5).jpg G-Resized 森林公園にて‥ (6).jpg G-Resized 森林公園にて‥ (7).jpg G-Resized 森林公園にて‥ (8).jpg G-Resized 森林公園にて‥ (9).jpg G-Resized 森林公園にて‥ (10).jpg G-Resized 森林公園にて‥ (11).jpg G-Resized 森林公園にて‥ (12).jpg G-Resized 森林公園にて‥ (13).jpg G-Resized 森林公園にて‥ (14).jpg

 最初のは何トンボかな?、次はシオカラトンボでしょう。 マツ科のコロラドトウヒ、ヌマトラノオ、ヨウシュヤマゴボウ、モミジアオイ、テンニンギク、公園内にいた野良ネコ、‥ニャーニャー鳴きながら近づいて来た、お腹を空かせているようだった。 後ろ髪を引かれるようにそのまま通り過ぎたが、そういえばバッグの中にはシャケのオニギリが入っていたし、ちょっと分けてあげればよかったかな。
 別の場所で見かけたヤマボウシの実、触ると柔らか‥、食べてみたらネットリした感触の食感と柔らかな甘味がした、赤くなるともっと美味しいのかも知れない。 サルスベリの白い花、都市緑化植物園前の花壇、おしまいはボーダー花壇の小振りなルドベキアです。


posted by 武ちゃん at 21:14| 埼玉 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする