2008年08月30日

黒部渓谷トロッコ列車‥

                   走る汽車!.gif



Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (1).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (2).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (3).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (4).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (5).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (6).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (7).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (8).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (9).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (10).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (11).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (12).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (13).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (14).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (15).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (16).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (17).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (18).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (19).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (20).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (21).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ電車列車) (22).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (23).jpg Resized 黒部渓谷‥(トロッコ列車) (24).jpg

 黒部渓谷のトロッコ列車、宇奈月から終点の欅平までは約20キロメートル、平均時速16キロのゆっくりした走り、所要時間は1時間30分ほど。 今回は途中の鐘釣駅までの片道1時間を利用しました。
 この鉄道はもともとダム建設用の人員や資材を運搬するために敷設されたもの、軌道の幅は762ミリ、新幹線は1,435ミリだから約半分です。 ちなみに在来線は1,067ミリとか。 
 簡素なトロッコ列車で深い渓谷を走るのはスリリングでもある。 乗車した客車はオープンタイプ、ガラス張りの展望車もありますが、オプションの3車種はそれぞれ別に料金が加算されます。 
 天候に問題なければ、じかに自然を肌で感じられるオープンタイプの客車がお勧めです。 8・9枚目は一見、本物の機関車に見えますが、実物の何分の一かの模型。駅のそばにあって記念写真用に設えてあるものです。

 黒部渓谷は立山・剣岳・薬師岳などの立山連峰と白馬岳・五竜岳・鹿島槍ヶ岳などの後立山連峰との間、黒部川の浸食によって深く刻み込まれた長さ86km、標高差三千メートル近くの深く切り立ったV峡を形成する大峡谷です。 峡谷流域の平均傾斜は36度と勾配が強く、30〜45度の部分が全体の70%にも及ぶそうです。
 この黒部川の豊富な水量や急流が水力発電に適していることが注目され、やがて困難を乗り越え電源開発のための工事用資材の運搬用にトロッコ列車の愛称で親しまれる黒部軌道が欅平まで開通しました。 戦後、峡谷の自然を求めるニーズの高まりと、地元の強い要請もあり、営業の免許を受け、黒部峡谷鉄道として現在に至っています。
 
 当時は便乗のお客には「生命の保証をしません」と切符の裏に書いて了解のうえでの乗車だったそうです。 一見、遊園地の鉄道のように見えますが、自動列車停止装置(ATS)や列車無線装置を完備した安全な観光鉄道として多くの人に親しまれています。
 順に16・17・20枚目の客車は特別客車、21枚目は屋根までガラス張りのパノラマ客車です。 ‥写真にはないですが、リラックス客車もあります。
 沿線には後曳橋・出六峰・ねずみ返しの岸壁・サンナビキ山・錦秋関など見所も多く、特に秋の紅葉期は素晴らしいと思います。
  わーい(嬉しい顔)

posted by 武ちゃん at 21:38| 埼玉 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
いやあ〜楽しそうですね、乗ってみたいなあ。
思ったよりカラフルでモダンな列車が走っているんですね。
もっと古臭い車両かと思いましたが、お洒落な列車で驚きましたよ。
Posted by KAZ at 2008年08月30日 23:06
KAZさんへ

こんばんは、
私も、トロッコという印象から、粗末な(失礼!)列車かと思いましたよ。
近代的な、明るくお洒落れな車両が連結されていたのには正直、意外でした。  (^o^)丿
事故でも起きなければいいなぁ〜、なんて心配したけど杞憂だった。
一番斬新なパノラマ車、普通運賃にプラス630円の料金が必要です。
普通運賃は終点までは、1,660円だから安くはないですね。

Posted by 武ちゃん at 2008年08月30日 23:59
こんばんは
写真全て良いですね。
写真を見るとアルペンルートへ行きたくなりますね。
昔は、歩いて立山を登りました。
今登れる自信ありませんのでケーブルとバスを利用して室堂を散策してみたいです。

天候が悪いです。
9月3日まで雨模様です。
山登り行きたくなります。
Posted by yodogawasyuhen at 2008年08月31日 00:15
yodogawasyuhenさんへ

おはようございます。
ありがとう。 ‥アルペンルート、立山山頂まで行かれたんですね。
天気がよければ、もう遮るものなしで極楽でしょう。
室堂ほか、周辺ではハイキングは思う存分できそうです。
以前、黒部湖の遊覧船に乗ったことがあります。
下旬には紅葉が素晴らしいと思います。
新雪と紅葉のアルプスを一度、見てみたいですね。  (^^♪

Posted by 武ちゃん at 2008年08月31日 11:25
こんばんわ。
トロッコ電車にのられたんですね。いいなー。
トロッコ電車とクルマユリ、おんなじ色してますね。
どちらももいいですねえ。
川の色も綺麗です。

アルペンルート行きたいです。
もう山に登れる体力はないのでツアーに参加したいです。
ちょっと高いけど室堂に宿泊するツアーに参加しようかなと思います。
秋もいいけど、春もいいな。



Posted by イワカガミ at 2008年08月31日 19:44
イワカガミさんへ

こんばんは、
トロッコ電車、初めて乗車したんですよ。
昔から、行ってみたいと思っていました。
宇奈月駅でトロッコ乗車まで時間があれば、駅前の黒部川電気記念館(無料)はどうでしょう。
黒部川も流域で大雨が降ると、渓谷も茶っぽく濁るようです。
鐘釣駅そば、川の対岸の万年雪は、よく確認できませんでした。
アルペンルートでの、「室堂」宿泊というのはいいプランですね。
天気がよければ、室堂はいくら時間があってもいいと思う、現地で時間が有効に使えますから。
今回のツァーでは、出発前まで天気は絶望的でしたが、幸い回復しました。
アルペンルートは、紅葉のシーズンが一番いいかも知れません。

Posted by 武ちゃん at 2008年08月31日 20:44
いいなぁ、黒部峡谷鉄道!
一度は行ってみたいと思っていますが、これがなかなか・・・
大井川鉄道の奥にあるアプト式のヤツも乗ってみたいんですけれど。

ここは団体さんが多くはないですか?
元々、黒部立山アルペンルートも団体さんで大賑わいですね。
でも、いつかは行って乗ってみたいと思っています。
その時は女房孝行するかな?
Posted by ZEISS at 2008年08月31日 23:20
ZEISSさんへ

こんばんは、
9月になりましたが、また蒸し暑くなってきましたね。
山や渓谷が、避暑にいいです。
大井川鉄道も行ってみたいですが‥。
黒部峡谷は、紅葉の秋の季節がいいと思います。
ケーブルカーは高尾山とか、奥多摩の御岳くらいしか乗ってないですね。
おっと先日、立山でも乗りました、真っ暗なトンネルの中でしたので印象が薄いです。

アルペンルート、相変わらずの人気のようです。
それぞれの乗り換え地での、待ち時間がもったいないですね。
個人だと余計大変そうですが、ツァーも忙しいのがちょっと難です。
Posted by 武ちゃん at 2008年09月01日 21:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック