2007年04月04日

仙元山のカタクリ‥

Resized 仙元山のカタクリほか‥.jpg Resized 仙元山のカタクリほか‥ (1).jpg Resized 仙元山のカタクリほか‥ (2).jpg Resized 仙元山のカタクリほか‥ (3).jpg Resized 仙元山のカタクリほか‥ (4).jpg Resized 仙元山のカタクリほか‥ (5).jpg Resized 仙元山のカタクリほか‥ (6).jpg Resized 仙元山のカタクリほか‥ (7).jpg Resized 仙元山のカタクリほか‥ (8).jpg Resized 仙元山のカタクリほか‥ (9).jpg Resized 仙元山のカタクリほか‥ (10).jpg Resized 仙元山のカタクリほか‥ (11).jpg

  小川町を流れる槻川に沿った林間部の急斜面に、一面のカタクリの群生地がある。 仙元山の北東側、柳町橋というさほど大きくない橋からすぐです。 
 現地に着いたのは夕刻の5時頃、大粒の雨がいまにもパラついてきそうな厚い雲が上空を覆っている。 三脚で固定しない手持ちの撮影ではちょっと無理かと思われた。 
 普通、この時間になるとカタクリの花も閉じてしまうものだが、終日どんよりとしていたせいか沢山の花がまだ咲いていて嬉しかった。 夕暮れも近いが若いアベックが一組、重装備のカメラマンが2・3人、それとカタクリの里を管理している地元の人らしき数人が園地を巡回していた。
 
 2枚目はヤマエンゴサク、9,10枚目はニリンソウ、11枚目はレンギョウ、最後の提灯だけのもの、暗すぎて桜は全然写らなかった。     m(__)m 
 手持ちのため、ISO400, 絞りは開放気味、なんとか自生地の雰囲気が撮れました。 レンズのVR効果も大きかったと思います。
posted by 武ちゃん at 21:32| 埼玉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 山野草‥ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
3枚目7枚目11枚目綺麗です。
カタクリの花は、良く見ると魅力がありますね。

Posted by notogadaisuki at 2007年04月04日 22:17
こんばんは。
見事なカタクリの群生ですね、密度もずいぶん濃い様です。
ニリンソウも随分咲いてきましたね、どちらも大好きな春の山里の花です。
それにしても曇りの夕方だというのに、色が良く出ていますね。
さすがです。
Posted by KAZ at 2007年04月04日 22:41
notogadaisukiさんへ

今晩は、3枚目、変てこな蜘蛛がカタクリの花に巣をつくっているようです。
群生になると色もキレイに出るみたい。 レンギョウは日中でしたら一段と鮮やかでしょう。
Posted by 武ちゃん at 2007年04月05日 21:06
KAZさんへ

今晩は、カタクリの群生、あと数ヵ所ほど(別の場所ですが)いいところあります。
でも、この春はまだ行ってません。(行きたいけど!)
ニリンソウも結構、咲いているんですよ!
ここは帰りの国道のすぐそば、小川町の道の駅(埼玉伝統工芸館)から徒歩圏です。
時間も遅く、ダメでもともとのつもりで立ち寄ってみました。
Posted by 武ちゃん at 2007年04月05日 21:17
こんばんは。

えっ、訪れたのが午後五時・・・通常ですとカタクリの花を撮るには
殆ど希望のない時間帯ですよね。
そうかぁ、どんよりしていると開いているんだ。
。。。φ(ー`)メモメモ・・・ボキ!!☆(□`;)!!

ニリンソウやレンギョウも(σ´∀`)σゲッツ!出来て良かったですね。
あっ、二枚目はヤマエンゴサク(山延胡索)ですよ。
よく間違えてしまうんですが・・・

ここは私も毎年訪れています。
今年はもう行くチャンスはないだろうなぁ。
うん、また来年!!
Posted by ZEISS at 2007年04月06日 21:28
ZEISSさんへ

今晩は、そう‥ここに立ち寄ったのは清雲寺からの帰り道でした。
道の駅で休憩タイムを兼ねて、もしやという期待で踏み込んで見たものです。
好天でしたら、とっくに花も閉じていたと思います。
うちのはその間、車のなかでお寝んねです。 花より団子か‥。

2枚目、おっしゃるとうり、ヤマエンゴサク(山延胡策でした、ありがとう!) (*^_^*)
花の辞典を見ていたのに勝手に自分で変えてしまっていた。 m(__)m  ★訂正しときます。
小川町のカタクリは少し前、ZEISSさんでも見ましたよ、確かに見たと思う!
Posted by 武ちゃん at 2007年04月06日 22:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック