2008年01月26日

をくずれ水仙郷‥(鋸南町)

B-Resized をくずれ水仙郷‥(鋸南町) (1).jpg B-Resized  をくずれ水仙郷‥(鋸南町) (2).jpg B-Resized をくずれ水仙郷‥(鋸南町).jpg B-Resized をくずれ水仙郷‥(鋸南町) (3).jpg B-Resized をくずれ水仙郷‥(鋸南町) (4).jpg B-Resized をくずれ水仙郷‥(鋸南町) (5).jpg B-Resized をくずれ水仙郷‥(鋸南町) (6).jpg B-Resized をくずれ水仙郷‥(鋸南町) (7).jpg B-Resized をくずれ水仙郷‥(鋸南町) (8).jpg B-Resized をくずれ水仙郷‥(鋸南町) (9).jpg B-Resized をくずれ水仙郷‥(鋸南町) (10).jpg B-Resized をくずれ水仙郷‥(鋸南町) (11).jpg B-Resized をくずれ水仙郷‥(鋸南町) (12).jpg B-Resized をくずれ水仙郷‥(鋸南町) (13).jpg B-Resized をくずれ水仙郷‥(鋸南町) (14).jpg B-Resized をくずれ水仙郷‥(鋸南町) (15).jpg

 南房総の鋸南町は越前、淡路と並び日本三大水仙の群生地といわれます。 江月地区の水仙の里はよく知られますが、今回は更に内陸よりに位置し、里山一帯に日本水仙の咲くをくずれ水仙郷です。

 南房総の鋸山を南下すると気候も温暖といわれます。 このところの厳しい寒さもあり、前日は雪が降ったそうです。 でもすぐに溶けてこの日はその痕跡はありません、快晴のもと、丘陵に香り高い水仙が群生し、一足早い里山の春を満喫してきました。
  猫
 
posted by 武ちゃん at 19:52| 埼玉 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 水仙‥ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

おぉ、鋸南町へ行かれたんですね。
あえて有名なほうは外して里山方面へ・・・
正解だと思います。
実は、ここは私も目をつけていました。
何とかして近々訪れたいと思っています。

私は今日は新宿御苑ノペーパーホワイトを見てきました。
それはそれで素敵でしたが、やはりこういった場所で眺めたいものです。
いい目の保養になりました。
ありがとうございました。
Posted by ZEISS at 2008年01月26日 22:52
こんばんは。
鋸南まで行かれたんですね、お天気も良かった様ですね。
澄んだ青空、青い山並み、黄色い菜の花畑、最高のロケーションですね。
青空の下、爽やかなスイセンの白がまぶしい位ですね、来年はまた行こうかな。
Posted by KAZ at 2008年01月26日 23:06
ZEISSさんへ

今晩は、‥毎日寒いですね。
先週の土曜日、思い切って出かけてみました。
江月地区は人が多いので空いている奥の方を狙いました。

手前の市井原地区にも群生地があるそうです、でも探しましたが場所が特定できませんでした。
ZEISSさんも情報をすでに把握しているようで、さすがだと思います。  (^_^)v
新宿御苑の花壇のペーパーホワイトもキレイですね。
今は館山自動車道で鋸南保田ICで降りれば、長狭街道(鴨川方面)ですので便利になりました。

Posted by 武ちゃん at 2008年01月26日 23:33
KAZさんへ

今晩は、大寒だけに寒い、でもこれが本来の気温なんでしょうね。
昨年は鋸南町、行かれたんですよね、里山はいいですね、私は南房総方面は久し振りでした。
館山、花の千倉まではあとちょっとの距離です。
幸い、お天気もよかったのでいっぱい撮れて整理が大変です。
順次掲載します、覗いてください。  (^_-)-☆
Posted by 武ちゃん at 2008年01月26日 23:45
水仙の時期ですね。
今の所水仙予定に入れてないので、こちらで楽しませていただきます。
暖かそうですね。

今年初めて冬山装備を点検するためにフル装備で低山を歩いてみました。雪がパラついていました。
Posted by notogadaisuki at 2008年01月27日 19:18
notogadaikukiさんへ

今晩は、南房総はいま水仙が見頃です。
真冬ですけど、日差しに春の暖かさを感じるようになりました。
こちらはきょうは終日いいお天気でした。
家でTV見たりして一日、ノンビリ過ごしていました。  (^^♪
フル装備で山歩き? 重労働ですね、尊敬します。(冬山はいっそうお気をつけて)
Posted by 武ちゃん at 2008年01月27日 20:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック