2008年07月26日

古代蓮の里‥

Resized 古代蓮の里‥.jpg Resized 古代蓮の里‥ (1).jpg Resized 古代蓮の里‥ (2).jpg Resized 古代蓮の里‥ (3).jpg Resized 古代蓮の里‥ (4).jpg Resized 古代蓮の里‥ (5).jpg Resized 古代蓮の里‥ (6).jpg Resized 古代蓮の里‥ (7).jpg Resized 古代蓮の里‥ (8).jpg Resized 古代蓮の里‥ (9).jpg Resized 古代蓮の里‥ (10).jpg Resized 古代蓮の里‥ (11).jpg Resized 古代蓮の里‥ (12).jpg Resized 古代蓮の里‥ (13).jpg Resized 古代蓮の里‥ (14).jpg

 古代蓮の里、蓮祭りを翌日に控えた19日に行ったときのものです。 蓮の花、ほんとは早朝の5〜6時頃に見るのが一番といわれます。 午後も随分と経ってどちらかといえば、もう夕方に近い。 人影もほとんどありませんでした、そんなわけで肝心の蓮の花はあらかた閉じたあとでした。 
 幾つもの池に総数10万株もの古代蓮があるという。 ほかに41種類の花蓮・睡蓮・オニバスなども見られるようです。 古代蓮の里、雰囲気は少しばかりですが、解るのではないかと思います。
 展望台からは園内が一望できます、田園地帯ですから遠くまで望めます。 毎年、元日には初日の出を見るイベントもあるそうです。 ホテイアオイが一株とハルシャギク、オオケタデ、カンゾウの咲き残りでしょうか。
  わーい(嬉しい顔)
posted by 武ちゃん at 21:05| 埼玉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 蓮の花‥ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

古代蓮の里‥(3)

Resized 古代蓮の里‥続(行田市).jpg Resized 古代蓮の里‥続(行田市) (1).jpg Resized 古代蓮の里‥続(行田市) (2).jpg Resized 古代蓮の里‥続(行田市) (3).jpg Resized 古代蓮の里‥続(行田市) (4).jpg Resized 古代蓮の里‥続(行田市) (5).jpg Resized 古代蓮の里‥続(行田市) (6).jpg Resized 古代蓮の里‥続(行田市) (7).jpg Resized 古代蓮の里‥続(行田市) (8).jpg Resized 古代蓮の里‥続(行田市) (9).jpg Resized 古代蓮の里‥続(行田市) (10).jpg Resized 古代蓮の里‥続(行田市) (11).jpg Resized 古代蓮の里‥続(行田市) (12).jpg Resized 古代蓮の里‥続(行田市) (13).jpg Resized 古代蓮の里‥続(行田市) (14).jpg 古代蓮の里(埼玉県行田市小針) (36).jpg 古代蓮の里(行田市) 追加! (1).jpg 古代蓮の里(行田市) 追加! (2).jpg  

 もう一回、古代蓮の里です。 昨年7月16日のときのものです。
 行田蓮(古代蓮)は昭和35年3月29日に行田市の天然記念物に指定されという。 古代蓮の里がオープンしたのは5年前、面積は14ヘクタール、東京ドームの約3倍だそうです。 園内の展望タワーは高さ50メートルあり、周囲が一望できます。 古代蓮の里への案内‥。
posted by 武ちゃん at 18:00| 埼玉 ☔| Comment(5) | TrackBack(1) | 蓮の花‥ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

古代蓮の里‥(続)

B-Resized 古代蓮の里‥(行田市).jpg B-Resized 古代蓮の里‥(行田市) (1).jpg B-Resized 古代蓮の里‥(行田市) (3).jpg B-Resized 古代蓮の里‥(行田市) (2).jpg B-Resized 古代蓮の里‥(行田市) (4).jpg B-Resized 古代蓮の里‥(行田市) (5).jpg B-Resized 古代蓮の里‥(行田市) (6).jpg B-Resized 古代蓮の里‥(行田市) (7).jpg B-Resized 古代蓮の里‥(行田市) (8).jpg B-Resized 古代蓮の里‥(行田市) (9).jpg B-Resized 古代蓮の里‥(行田市) (10).jpg B-Resized 古代蓮の里‥(行田市) (11).jpg B-Resized 古代蓮の里‥(行田市) (12).jpg B-Resized 古代蓮の里‥(行田市) (13).jpg B-Resized 古代蓮の里‥(行田市) (14).jpg B-Resized 古代蓮の里‥(行田市) (15).jpg B-Resized 古代蓮の里‥(行田市) (16).jpg B-Resized 古代蓮の里‥(行田市) (17).jpg

 古代蓮の里には41種、10万株ともいわれる花蓮が咲くという。 もとは昭和46年、工事中に出土した種が自然発芽して開花したらしい。 調べてみると1,400〜3,000年前の原始の形態を持つということが解った。 長い年月、土の中に眠っていたわけで植物の種がもつ生命力には驚くばかりだ。
 来る16日からは行田蓮祭りが予定されている。 蓮の開花時刻に合わせて格種イベントも午前中に行われるということです。 


               古代蓮の里(行田市)
posted by 武ちゃん at 10:20| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 蓮の花‥ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

古代蓮の里‥(行田市)

A-Resized 古代蓮の里‥.jpg A-Resized 古代蓮の里‥ (1).jpg A-Resized 古代蓮の里‥ (2).jpg A-Resized 古代蓮の里‥ (3).jpg A-Resized 古代蓮の里‥ (4).jpg A-Resized 古代蓮の里‥ (5).jpg A-Resized 古代蓮の里‥ (6).jpg A-Resized 古代蓮の里‥ (7).jpg A-Resized 古代蓮の里‥ (8).jpg A-Resized 古代蓮の里‥ (9).jpg A-Resized 古代蓮の里‥ (10).jpg A-Resized 古代蓮の里‥ (11).jpg A-Resized 古代蓮の里‥ (12).jpg A-Resized 古代蓮の里‥ (13).jpg A-Resized 古代蓮の里‥ (14).jpg A-Resized 古代蓮の里‥ (15).jpg A-Resized 古代蓮の里‥ (16).jpg A-Resized 古代蓮の里‥ (17).jpg

 埼玉県北部に位置する行田市は忍藩の城下町として、江戸時代には政治・経済・文化の中心地として栄えたそうだ。 六世紀頃に造られたといわれる埼玉(さきたま)古墳群、その頃より開けたところで県名発祥の地といわれます。
 その、さきたま風土記の丘から程近いところに古代蓮の里があり、この時期に美しい花を見ることが出来ます。 スイレン科の多年草で古く大陸より渡来、インドが原産といわれ仏教とのかかわりが深いそうです。 花は普通16弁、果実と根茎は食用となり、蓮の実で作った菓子などなかなか美味です。 
 今回は白系を中心に格品種がある見本園で咲いていたものをとりあげました。

 
 昨年の7月9日、現地に行ったときのものです。
posted by 武ちゃん at 20:58| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 蓮の花‥ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

上尾市原市にて‥


Resized 古代蓮ほか‥(上尾市原市).jpg Resized 古代蓮ほか‥(上尾市原市) (1).jpg Resized 古代蓮ほか‥(上尾市原市) (2).jpg Resized 古代蓮ほか‥(上尾市原市) (3).jpg Resized 古代蓮ほか‥(上尾市原市) (4).jpg Resized 古代蓮ほか‥(上尾市原市) (5).jpg 原市沼‥.jpg 原市沼‥ (1).jpg 原市沼‥ (2).jpg Resized 古代蓮ほか‥(上尾市原市) (6).jpg Resized 古代蓮ほか‥(上尾市原市) (7).jpg Resized 古代蓮ほか‥(上尾市原市) (8).jpg Resized 古代蓮ほか‥(上尾市原市) (9).jpg Resized 古代蓮ほか‥(上尾市原市) (10).jpg Resized 古代蓮ほか‥(上尾市原市) (11).jpg

 昨年、7月3日の原市沼でのものです。 各地でハスの花の開花の便りを聞く頃となりました。古代蓮というと遠い昔から蘇ったロマンを感じます。  実際、真近で目にすると太古の花なのでしょう。 ピンク色で大振りの優雅な花は不思議な魅力を漂わせています。
 
 戦前まではこの地でもハスの咲く風景は普通に見られたといわれます。 戦後、諸事情により、消滅しましたが蓮の里で知られる行田市から採集された古代蓮の種を譲り受け、試行錯誤の末、現在ある姿にまで復元されたそうです。 1993年に試植してから13年、近年はTV・新聞にも取り上げられることもあるようです。
 貴重な古代蓮の生育を保護するため、アブラムシ・ザリガニ(当初被害で全滅したという)などの害虫の駆除、雑草刈、アオ藻取り、園内の整備などに手間がかかりますが、一連の作業は地元ボランティア(原市沼を愛する会)の活動によって支えられているそうです。
 古代への歴史に想いをはせ、ひととき日常の喧騒を忘れて、古代蓮を静かに鑑賞するのもいいと思います。


 
posted by 武ちゃん at 21:54| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蓮の花‥ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。